animalhouse

セローテク

林道で役立つアクセルターンは「腰でバイクについていく」

道幅の狭い林道などでUターンしたい時に、できるとカッコイイし便利なアクセルターン。今回はバイクを降りたバージョンと、乗ったままバージョンのやり方を解説しましょう。 バイクから降りてアクセルターン 例えば上の写真の奥から...
セローテク

アプローチのないステアはフロントアップが必要。驚きの「セルフ引き上げ」も伝授

先にアプローチが斜面になっていて、フロントを上げなくてもクリアできるステアの記事を出しましたが、今回はもっと垂直に近い形のステアで、さらにアプローチ部分も平らなため、きっかけがありません。どうしましょう? ...
セローテク

フロントアップの高度テク、スタンディングしながらのウイリー走行

エンデューロバイクに限っては、フロントアップはスタンディングよりもシッティングの方が簡単です。しかし、例えばトライアル的な動きが求められるようなハードなシーンではスタンディングでウイリーができることが強みになるんです。 普通...
セローテク

フロントアップは一日にして成らず。徐々に慣らして怖さを克服しよう。

オフロードバイクでちょっとハードなことをしようとすると、必ず当たる壁がフロントアップです。丸太や木の根、ステアケースなどフロントタイヤを浮かせないと越えられないセクションは多く存在します。 フロントアップに慣れることが重要!最初はす...
セローテク

アプローチのあるステアは、基本を抑えればシッティングでもOK

ステアを越える場合、このくらいの高さならシッティングでも越えられるんです。ただし、このステアはある程度角度があり、アプローチ部分も斜面になっていて垂直の壁ではありません。 スタンディング編 このレベルのステアで...
セローテク

滑りやすいキャンバー走行は内側でステップ荷重した方が滑らない

キャンバーを走る時は、外側の足をステップに乗せている人が多いと思います。しかし、実は内側の足をステップに乗せた方が安定して走ることができるんです。 外側のステップに足を乗せると、内側の足がフリーになって、足をつくことができる...
セローテク

沼地からの脱出テク、漬け物にならないためのハウツー(後編)

前編では滑る路面からの脱出方法や、降りて押すだけで抜けられるヤチでしたが、さらに深くハマってしまったり、無駄にアクセルを開けて深く埋まってしまった場合はどうしたらいいでしょう? 力技ではなく頭を使って考えましょう。 最終手段! 左腕...
セローテク

沼地からの脱出テク、漬け物にならないためのハウツー(前編)

谷地とまでは言わないけれど、ちょっとヌタヌタな濡れた土でリアタイヤが滑って進まなくなってしまったら、どうやって脱出すれば良いでしょう? 特にトレールマシンの純正タイヤやトライアルタイヤのようにブロックが低く、間隔が狭いタイヤの場合は、テク...
セローテク

コンディションの悪いコーナーは早めのブレーキングとライン取りがキモ

セロー250などのトレールマシンが純正で履いているタイヤは公道走行も考慮しているため、ブロックが低くて間隔も狭く、あまりオフロード走行に向いているとは言えません。特にちょっとコンディションが悪くて路面が湿っている時のコーナリングでは、ライ...
ハードエンデューロ

ヒルクライムの途中にある丸太を攻略

成田MXパークに行ったことがある人はわかると思いますが、エンデューロコースに6段ヒルという、ヒルクライムの途中に丸太が埋めてあって、段々になっているセクションがあります。 決して勢いだけではクリアできないこのヒルクライムも、...
タイトルとURLをコピーしました