基礎テク

フォームを身につけよう

マシンコントロールは「足首」+「膝」

まっすぐ走っている時にちょっとした小石を避けたり、ほとんとまっすぐなんだけど、ちょっとうねうねしてるウッズなど、エンデューロや林道では細かいマシンコントロールが求められるシーンはとても多いと思います。 足首でステップを踏んで...
セクションを走ろう

コーナリングの特訓方法「四角コーナリング」

さて、コーナリングは逆Vの字でマシンをコントロールすることだと強調してきました。よくわからない…という意見も多いと思いますが、このトレーニング法を取り入れれば、しっかり「旋回のコントロールをフィーリングで」マスターできますよ! 四角...
セクションを走ろう

「速い」コーナリングのキホン

コーナリングのスピードを高めようと思ったらどうしたらいいと思いますか? 話は単純。フォームを崩さず、股下ホールドでのコントロールと、ブレーキングの正確さをアップデートしていけばいいのです。 シッティングからの速いコーナリング ...
セクションを走ろう

コーナリングのキホン

コーナーをいかにキレイに、速く曲がるか…。これは、ドラッグレース以外のほとんどのライダーにとっての命題でしょう。適切なスピードまでブレーキングで減速、車体を傾けて曲がり、アクセルを開けて加速。これだけのことですが、オフロードバイクのコーナ...
フォームを身につけよう

コーナリングではシートの角に座り、イン側の足を出します。なぜでしょうか?

オフロードバイクのコーナリングは、ほとんどの写真がイン側の足を出していますよね。諸説ありますが、僕が説明するとすればこれはシートの角に座るためです。 シートの座面に座ってコーナリングしてしまうと、コーナリング中にシー...
フォームを身につけよう

ニーグリップ&くるぶしグリップで、バイクをホールド。足の基本操作

教習所で、ニーグリップを学びますよね。常に、ヒザでバイクを挟んでいろ、と。それは忘れてもらってかまいません。ずっと力を入れて挟んでいたら、疲れちゃいますからね。そこで、くるぶしグリップを覚えてください! くるぶしで、...
フォームを身につけよう

座る場所ひとつで、恐怖感が変わります!

バイクに慣れなくて、座ってばかりでも、問題ありません。最初は、バイクに慣れることが大事です。ですが、座る場所一つで恐怖感が全然違いますよ! シートのくぼみに座れば、振られづらい 座る場合は、バイクの中心にいるよ...
フォームを身につけよう

オフロードのキホン、スタンディングフォームを学ぶ

オフロードには、ギャップやジャンプがあるため、ステップの上に立つ「スタンディング」フォームをとったほうが楽です。ただ、アクセルを開けても、ブレーキをしても、前後にGがかかりますよね。どうやって立てばいろんなことに対応できるのか。まずそこか...
セクションを走ろう

意外とできてない「加速」

バイクは、加速することで安定します。教習所でも、メリハリのある運転をするようにと言われますよね? オフロードでも同じですよ。ブレーキでしっかり減速、アクセルでしっかり加速。メリハリに欠ける人は、フォームができていないことが多いです。見直し...
ブレーキングを練習しよう

ブレーキの初歩「ガッチリ下半身でホールドすべし」

オフロードの場合、いつもブレーキしやすい路面を走れるわけではありません。時にはギャップがあり、時には斜め、時にはマディ。どんなシチュエーションでも、安定したブレーキができるようになるには、下半身でバイクをホールドすることが大事なのです。 ...
タイトルとURLをコピーしました